FANDOM

2,054,169 Pages

StarIconGreen
LangIcon
楓の道、ギターの奏でる丘で (Kaede No Michi, Gita- No Kanaderu Oka De)

This song is by Kotoko and appears on the album Uzu-Maki (2006).

Kanji

吾木香の小さな頭が揺れて
もうサヨナラだよって言ってる
ソーダの瓶か横たわる歩道
懐かしい手紙を昨日見つけたよ
下っ手くそな文字くすんでた
夏はいつも駆け足
どうしようもなく痛い

筋雲が千切れたら君に会えるかな?
少しずれた時計の針を戻したいと初めて思った
“もう泣かないで”君が願うから
平気なふりをしているんだよ…

人に言えないような不実を選んだ
どうしてあの日は笑えてた?
ソーダの瓶は土にまみれた
恥ずかしい気持ちが夕空を埋める
今度は間違わず愛せるかな?
いつか弾いたコードが落ちかけた葉を揺らす

連絡が途切れたら君は焦るかな?
試す余裕はカケラほどもないくせに家を飛び出した
“恋しています”伝えられなくって
楓の道ひとりきり

悔しくって 切なくって 八つ当たって 恋しくって
夕暮れが許せなくて………

筋雲が千切れたら君に会えるかな?
あの日触れた優しい瞳は迷う背を押し出してくれた
“頑張らないで”君が笑うから
飲み込んだはずの涙こぼれ
季節の巡る音が哀しいよ
少しずれた時計の針を戻したいと初めて思った
“もう泣かないで…”君か願うから
平気なふりをしているだけ…

External links

Community content is available under Copyright unless otherwise noted.