FANDOM

2,054,169 Pages

StarIconBronze
LangIcon
ため息クローバー (Tameiki KUROOBAA)

This song is by Kotoko and appears on the album 硝子の靡風 (2005).

The Japanese title of this song is "ため息クローバー". This is read as "Tameiki KUROOBAA" and means "Sigh Clover".

Original Japanese

物言わぬクローバー あれになれたら
こんなにもため息ついたりしないのに


好きになった…
ただ抱きしめた…
他のモノが何も見えなくなった
側にいつも居ることさえ
見慣れてしまわないかって不安になった

発車のベル鳴り止まぬ初秋間近の駅で
たった一人君のこと思ってるなんて

物言わぬクローバー あれになれたら
踏まれても折れても 仰ぐ空があった
頑なすぎてずっと変われないのは
道端に立ってたせいと思えたのに…


会いたかった…
ただ苦しめた…
愛が何かなんて解んなかった
君の為と口にすれば
あまりのちっぽけさに可笑しくなった

そんなふうに責めないで
思わず吐いた言葉
もっと別に伝えたいことがあったのに

ため息のクローバー
君にだったら
無造作に摘まれてポケットの片隅で
季節の音も遠く枯れていっても
優しい思い出だけを残せたのに…


発車のベル鳴り止まぬ初秋間近の駅で
たった一人君のこと思ってるなんて

物言わぬクローバー あれになれたら
叶わぬ言葉を思ったりしないのに
また季節が変わってしまう前に
本当の君の気持ちを ねぇ聞かせて

External links

Community content is available under Copyright unless otherwise noted.