FANDOM

2,054,077 Pages

StarIconGreen
LangIcon
Memorial address

This song is by ayumi hamasaki and appears on the Mini-album Memorial address (2003).

胸騒ぎと共に 眠りに付いた夜更け
とても悲しい夢を 見ていたのを覚えてる
その朝予感は 沈黙を 破るように
鳴り出した電話で 現実の物となった
心に 消えない傷痕を 残したまま
貴方は 一人星になった

サヨナラね もう二度と会えないない場所へ 行ったのね
永遠の別れの冷たさを 受け止められずに
聞かせて欲しかった嘘で 構わないから
私は 貴方に確かに 愛されてたって
たった一度でいいから

終わり無きはずの 悲しみは 幕を閉じて
季節も変わって寒さが やけに身に染みるけど

あれは忘れもしない夏の 始まりの日で
私の代わりに今年は 空が泣き続けた
だって余りにも夢の 続きのようで
まだなくことさえも 出来ないまま

サヨナラね 最後の言葉さえ届かない
別れの冷たさを 嫌ってほど思い知らされる
聞かせて欲しかった嘘で 構わないから
過ごしたあの日々を 悔やんだりしてないんだって
たった一度でいいから

どうしてそうやって最後の最後まで
ねぇ 思い出だけを置いてくの

サヨナラね もう二度とあえない場所へ 行ったのね
永遠の別れの冷たさを 受け止められずに
聞かせて欲しかった嘘で 構わないから
私は 貴方に確かに 愛されてたって
たった一度でいいから

これはただの夢の 続きの物語で
私はまだ目が覚めてないだけといって

Credits

Lyrics by:

Arrangement:

Produced by:

Musicians:

Programming:

tasuku

Mixed by:

Yasuo Matsumoto

External links

Community content is available under Copyright unless otherwise noted.