FANDOM

2,054,106 Pages

StarIconGreen
LangIcon
雪の轍

This song is by 茶太 and appears on the album 駿太/雪の轍 (2007).

Kanji

丸くて大きなからだ 長いお髭がとても似合ってる
粉雪が舞い 凍える体を 包んでくれた

さよならを いえなくて

一緒に駆け抜けた時間は いつも私が置いてけぼりで
猫のくせにって しっぽを振りながら 笑ってた 君

優しさを ありがとう

二つの手を重ねる あぁ 喧噪の中
必死で生きてきた 夏のあの日々

いつでもそばにいるよと そう 君がくれた
やわらかな存在 深く大きな瞳 まっすぐな眼差しを

もう一緒には走れない 君の顔も霞んで 見えない
いつか教えてくれた 生きる意味 信じているから

雪道が赤く染まる ただ 暖かくて
続くはずのない 暗闇の孤独
最期の願いと想い この手で抱きしめ
幾千の消えた 願いを胸に抱き 愛する君の血になる

Credits

作詞:るーと / 作曲:ぺーじゅん / 編曲:ぺーじゅん

External links

Community content is available under Copyright unless otherwise noted.