FANDOM

2,054,160 Pages

StarIconGreen
LangIcon
愛妻家の朝食 (Aisaika no Choushoku)

This song is by 椎名林檎 and appears on the single 真夜中は純潔 (2001).

The Japanese title of this song is "愛妻家の朝食". This is read as "Aisaika no Choushoku" and means "My Beloved Husband's Breakfast".

Original KanaKanji lyrics

昼過ぎに珍しくテレビをちょっとだけ観たわ
果物が煙草の害を少し防ぐと言うの
それですぐこの間のお店へ買いに急いだわ
御出掛けになるのなら必ず召し上がってね

貴方はきっと外では違う顔なのでしょう?
だから此の手は其の疲れを癒す為だけに在るの

今朝の様にお帰りが酷く遅い日も屡々
明け方の孤独にはピアノで舞踏曲を

貴方はそっと指先で髪を撫でるでしょう?
だからいま黒く揺蕩うまま伸ばす理由は只ひとつ

処でこんな情景をどう思われますか?
差し詰め勝手気儘な嘘を云いました
態とらしい空の色も全部疎ましくて
だから右手に強く握る光など既に見えない・・・

「もう何も要りません。」

External links

Community content is available under Copyright unless otherwise noted.