FANDOM

2,054,106 Pages

StarIconGreen
LangIcon
this (community)

This song is by 六弦アリス and appears on the album 不思議の国の音哲樂 夢語り篇 (2014).

倫理の押し付けはただの洗脳に過ぎない
彼らはその倫理を盾に、今宵も誰かの人生を狂わせる

車椅子の男は退屈そうに遠くを見ていた
傍らには同じ服を着た同じ顔の人々
大きな箱を抱えて大きな声で倫理を語る
車椅子の男は退屈そうに遠くを見ていた

通り過ぎる人々は、きっと皆が悪だろう

語れ、語れ、語れ倫理を 彼らの未来は誰の手に
叫べ、叫べ、叫べ倫理を 君は今、とても崇高だ
彼らは今、きっと幸せだ

車椅子の男はどこか物憂げな顔をしていた
傍らには同じ服を着た同じ顔の人々
今宵も誰かの幸せを夢見て倫理を語る
車椅子の男はどこか物憂げな顔をしていた

通り過ぎる人々は、きっと皆気付いている

語れ、語れ、もっと倫理を 男は心で泣いている
叫べ、叫べ、もっと倫理を 分かってくれよと泣いている
彼らはずっと幸せだった
それまでずっと幸せだった

倫理の押し付けはただの洗脳に過ぎない
彼らはその倫理を盾に、今宵も誰かの人生を狂わせる

Credits

  • 文章:六弦A助
  • 作・編曲:六弦A助

External links

Community content is available under Copyright unless otherwise noted.