FANDOM

2,054,169 Pages

StarIconGreen
LangIcon
毒をんな

This song is by 中島みゆき and appears on the album 36.5°C (1986).

Japanese

噂は案外当たってるかもしれない
女の六感は当たってるかもしれない
おひとよしの男だけがあたしに抱き盗られている
子供の瞳が怯えている
子犬のしっぽが見抜いている
自信に満ちた男だけがあたしにまきあげられてる
酒場からの手紙は届きはしない
あんたのもとへは届かない
助けてくださいと
レースペーパーに1000回血で書いた手紙
この人間たちの吹きだまりには
蓮の花も咲はせぬ
この人間たちの吹きだまりには
毒のをんなが咲くばかり

未明の埠頭を歩いたよね手も握らずに歩いたよね
あの日のあたしはいなくなったたぶん死んでしまった
噛みつかれたら噛み返すよ
踏みつけられたら足をすくうよ
そうならなけりゃ誰があたしを守ってくれるというの
酒場からの手紙は届きはしない
あんたのもとへは届かない
助けてくださいと
レースペーパーに1000回血で書いた手紙
この人間たちの吹きだまりには
蓮の花も咲はせぬ
この人間たちの吹きだまりには
毒のをんなが咲くばかり

ここから出ようと誘いをありがとう
男の親切はとっくに手遅れ
目を醒ませよと殴るよりも金を払っておくれ
扉の陰に見張りがいるよ
あんたとあたしを盗聴してるよ
愛してません他人でしたこれがあたしの愛の言葉
酒場からの手紙は届きはしない
あんたのもとへは届かない
助けてくださいと
レースペーパーに1000回血で書いた手紙
この人間たちの吹きだまりには
蓮の花も咲はせぬ
この人間たちの吹きだまりには
毒のをんなが咲くばかり
この人間たちの吹きだまりには
蓮の花も咲はせぬ
この人間たちの吹きだまりには
毒のをんなが咲くばかり

External links

Community content is available under Copyright unless otherwise noted.